PRIVATE
2019.11.12

結婚式中に涙がほろり。そんな結婚式に参列させてもらいました^^

結婚式中に涙がほろり。

 

そんな結婚式に参列させてもらいました^^

 

花嫁の手紙じゃないですよw
挙式です。

 

新郎側の参列でしたし
花嫁さんのことは全く知らない方。

 

20代30代40代で
結婚式の捉え方というか
目線というか
感じ方は違うのかな。

 

でも、、、
2年前に参列した
ダンナさんの親戚では感じなかったのですが
昨日参列させていただいた結婚式では
ふと思ったことがありました。

結婚、
結婚式そのもの、
結婚式の時間、
結婚式を過ごす、
娘が嫁ぐ。

花嫁と歩くお父さまの一歩一歩、
新郎に花嫁を引き渡す行動と目線、
新郎に「よろしく」と声をかけられた言葉の声。

花嫁の嬉しそうな表情
花嫁の参列席に座るご友人の表情などとは
異なる温度を感じる
花嫁の父上の表情とじっと真っ直ぐな目線。

チャペルでの席がバージンロードを挟み
両家が対面に座る席スタイルでしたので
特にそれが印象的で
目が離せなかったです。

 

ゲストハウスでの挙式で
どちらかというと
お洒落な演出を望む方が多いと思う空間なのですが

花嫁のドレスは
ドレスの裾トレーンが長く
シルク素材の上品で厳かな印象で
花嫁らしい花嫁のウェディングドレスでした。

とてもよくお似合いでした。

チャペルの扉が開き思った感想が
「あぁ素敵だなぁ、このドレスを着てくれてありがとう」
って、なぜかそんなことを思ったという。。。

それほどよくお似合いで、
そして
花嫁の父上から溢れる思いみたいな空気 オーラを思った時に

花嫁が結婚式に対してどう思うのか、
表現するのは
会場の雰囲気や装飾以外に
選ぶ衣装のテイストもすごく関係するんじゃないか
と思いました。

会場の雰囲気を考慮するトータルコーディネート
ではなく、
自分が素敵になる衣装選び
ではなく、
自分が着たい衣装選び
ではない。

自分を表現しながら
花嫁になることを表す、そんな衣装選びのあり方。

言葉で伝える気持ち、
視覚で伝える気持ち。

正解不正解はないです。
ただ言語化したくなった、
昨日感じた結婚式です。

#ドレススタイリスト
#ドレススタイリスト研修
#ドレスコンサルスタイリスト研修
#骨格診断
#カラー診断
#コミュニケーション