WEDDING
2021.6.30

外部研修を初めて受けられたドレススタイリスト新人さん・ベテランさんのご感想

緊急事態宣言が解除になり
この夏研修のリピートご依頼をお受けしました。

 

12会場のインショップのドレスショップの方が
先発メンバー的に受講くださる内容研修になります。

 

今回は前回のメンバー&初めてメンバーさん合同での研修です。
人数も規定で定めているよりも倍近くになるのですが
そうならざるおえない背景があられるので
状況に応じて内容を組み立てさせていただきます。

 

そんな組み立てを行う際に
前回の内容の確認と受講くださった方の感想を振り返りました。

 

 

【質問】研修に参加されて得られたことはありましたか?

 あった     :16名   なかった   :0名

 

「あった」と回答くださった方のお声を抜粋してご紹介です。

⬇︎

・お客様にとって一生に一度の大切な一着というのはわかっていても
的確なアドバイスを今までできておらず、自分自身何を進めたいのかわかっていなかったので、
今回の勉強会で的確なアドバイスを学べたのですぐに実践に移して自信に繋げたいと思います。
/1年未満スタッフさん

・仰っていたようにドレスのことをずっとお客様に説明してしまっていました。
物のことは二の次なのだと感じましたし、いかに人の特徴を理解して話すことが大事かわかりました。
その人のためにその人だけのドレスを選んでいけるよう、明日より意識して接客していきます。
/1年未満スタッフさん

・やはりお客様にとって一生に一度の大切な一着というのはわかっていても的確なアドバイスを今までできておらず、自分自身何を進めたいのかわかっていなかったので、今回の勉強会で的確なアドバイスを学べたのですぐに実践に移して自信に繋げたいと思います。
/2年未満スタッフさん

・まず、見ただけでお客様はどんな骨格タイプなのか、そのタイプによってドレスはどの様な形が似合うのか知れました。自分でその知識を学ぶとお客様にもオススメしやすい!!
/2年未満スタッフさん

・今までの接客では商品ばかり説明していたと気が付いた。「似合う」の確信の付き方がわかった。
/3〜4年未満スタッフさん

・タイプに寄って似合う似合わないがこんなにも違う事がわかった。
/4年以上のスタッフさん

・骨格タイプが大きく3つ分かれているという事やドレス自体の説明よりもお客様ご自身の体型やお顔に似合っているドレスを勧める事の大切さ。
/4年以上のスタッフさん

・感覚で接客していた部分を、理論に基づいて接客できるような知識が得られた。
/4年以上のスタッフさん

⬇︎

新人さんベテランさん問わず、

・似合うの確信の持ち方
・知識を持つことがスタイリストとして持つ価値の大きさ
・いかに商品説明をしてきたかというご提案トークの気づきと伝え方
・言語化の大切さ

を挙げてくださいました。
(研修内容の意図に沿った内容です!!)

 

受講くださった研修内容は
ドレスコンサルスタイリスト研修の初回にご用意している
「ドレス接客 x   骨格診断」/3H x2回の内容です。

 

元ドレススタイリストがお伝えさせていただく内容は
骨格診断を学ぶのがゴールではなく生かすこと。

 

ゴールはあくまでお客様のお衣装選びを
効果的に効率性と単価を見据えたものです。

 

その成果をつくるのは
お客様はもちろんですが
ドレススタイリストさん自身の個性を生かすことが大事だと考える内容です。

 

100%いただくお声に「研修が楽しい」と仰っていただくのですが
このお声の内容に成果が生まれる秘密があるのです。

 

16年間何万回の振り返りを行い続けたドレス接客・ウェディング接客の取り組みがあります。
ドレス接客研修家です。

 

ご相談・お問い合わせお気軽にください。